建築基準法第42条三項
京都市では、建築基準法第42条の二項の4m幅員の規定に代わって、同条三項の「土地の状況に因りやむを得ない場合」には、4mの最低道路幅を2.7mで良いとする決断を行った。
これを歴史的な街並みの価値を守るために活用した意義は大きい。 京都・祇園南地区など
「日本型まちづくりへの転換」青木 仁著より

コンバージョン
リノベーショに同じ
オフィスを集合住宅にしたり、倉庫を店舗にしたり、建築ストックのマネージメントが重視される時代になり、コンバージョンの意義は大きくなってくるものと考える。
建築基準法の用途変更手続き、それに伴う、採光、接道条件、避難階段などをクリアーしなければならない。

コンバート
スポーツにおいて、そのポジションから別のポジションに低略するために移すことを言う。
コンバートのもともとの意味は「(宗教の)改宗」である。