建築基準法第42条三項
京都市では、建築基準法第42条の二項の4m幅員の規定に代わって、同条三項の「土地の状況に因りやむを得ない場合」には、4mの最低道路幅を2.7mで良いとする決断を行った。
これを歴史的な街並みの価値を守るために活用した意義は大きい。 京都・祇園南地区など
「日本型まちづくりへの転換」青木 仁著より

連担建築物設計制度
大阪法善寺横町は二度の火災で焼失、従来の九尺(2.7m)幅員を4.0mに拡幅すること
を求められたが、従来の横町の懐かしい空間構成を次の条件で再現した。
① 路地の両側沿道に並ぶ敷地群に対して建築基準法の「連担建築物設計制度」を適用し、
敷地群の全体を連担区域として設定することによって、各敷地上での新築の際に路地の
中心線から2.0mセットバックしなければならない、という、いわゆる二項道路の規定を
適用しない。
② 併せて、連担区域内に新築される建築物について、いくつかの構造上の制限を求める。
○ 容積率は240%以下、建物高さは10m以下、地上階数は3階以下。
○ 構造は耐火建築物とする。
○ 開口部は隣地境界線(建物の側面部分)に設けない。
○ 防災訓練の実施の項目を含んだ建築協定を締結する。
といった内容になっている。従来であれば、4mの道路のみが確保手段であった、都市防災
上の機能を建築物の規模や構造、避難バルコニーや防災訓練などの総合的手法によって代替
できることが、公式にみとめられたということの意義は大きい。
「日本型まちづくりへの転換」青木 仁著より

エスタブリッシュメント
社会的に確立した制度や体制。または、それを代表する支配階級・組織。

コンバート
スポーツにおいて、そのポジションから別のポジションに低略するために移すことを言う。
コンバートのもともとの意味は「(宗教の)改宗」である。

東京建築士会
建築基準法に始まり建築士法の改正など、建築士を取り巻く社会状況は大きく変わり始めました。
建築士は何をすべきか、何を求められているか、的確に、そして迅速に情報を得ることが求められています。
東京建築士会では、建築士のための建築相談、補償制度、情報サービス、CPD制度、専攻建築士制度などがあります。
建築士として、この会の存在は大きく、私は、各種講習会及び情報連絡はここから受けています。
平成22年4月より、江戸川支部ができました。昭和53年2月に入会

SOHO住宅
スモールオフィスとホームオフィスの複合語で、SOHOと住宅が有機的に結びつき、最近SOHO住宅を望む方が増えてきました。
職住近接の傾向は昔からあったはずです。
その社会的裏付けは、すこし、違うかもしれません。

コンバージョン
リノベーショに同じ
オフィスを集合住宅にしたり、倉庫を店舗にしたり、建築ストックのマネージメントが重視される時代になり、コンバージョンの意義は大きくなってくるものと考える。
建築基準法の用途変更手続き、それに伴う、採光、接道条件、避難階段などをクリアーしなければならない。

リノベーション
コンバージョンに同じ意。
既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり、価値を高めたりすること。

シャッフル
混ぜ合わせること。トランプなどのカードゲームにおいて、カードを混ぜ合わせる行為。
音楽プレイヤーで、メディアに収録されている曲を収録順に関係なくランダムに再生すること。
建築士の定期講習会の修了考査で、試験官が、こうのったまった。
問題用紙が幾く通りもあり、それをシャッフルしてあるので、隣の人の回答をカンニングしても、意味無いですよといわれた。

新建
新建築家技術者集団のこと。東京支部のほか全国に26支部ある。
-新建築家技術者集団 憲章-
建築とまちづくりにたずさわる私たちは、国土を荒廃から守り、かつ環境破壊を許さず、人びとのねがう豊かな生活環境と高い文化を創造する目的をもつ。
私たちはこのことを認識し、行動するための目標をかかげ、ここに憲章を定める。
①建築とまちづくりを、社会とのつながりの中でとらえよう。
②地域に根ざした建築とまちづくりを、住む人使う人と協同してすすめよう。
③建築とまちづくりの優れた伝統を継承し、理論や\技術の発展と創造につとめよう。
④人びとに支持される建築とまちづくりの活動をすすめ、専門性を確立しよう。
⑤建築とまちづくりに関連する国内外の広い分野の人びととの交流をはかり、連帯を強めよう。
⑥建築とまちづくり、生活と文化、自由のために平和を守ろう。
私は、昭和51年6月に入会

東京土建
建築職人・親方の組合。組織人員13万人で概ね各行政区毎に都内38支部がある。健康保険、共済制度がが充実し、各専門部がある中で設計士の会がある。
本部    TEL:03-5332-3971(新宿区北新宿)
江戸川支部 TEL:03-3655-6448(江戸川区大杉)
江戸川支部京葉交差点、同第二会館、江東支部会館、墨田支部会館はカネコ総研の設計による。
昭和43年4月に加入

住宅エコポイント
住宅の新築・リフォーム工事をし、申請すればエコポイントがもらえる。
例えば、屋根・天井断熱改修=30,000ポイント
外壁断熱改修=100,000ポイント
床断熱改修=50,000ポイント
窓の断熱改修=18,000ポイント
バリアフリー工事・改修=25,000ポイント…などのポイント加算がされ、1戸につき最大300,000ポイント(30万円分)に相当する追加工事を申し込みことができます。
但し、平成22年12月31日までに着工したもの、また国の予算1,000億円に達し次第終了となります。

長期優良住宅
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、平成21年6月4日に施工されました。
長期優良住宅の建設にあたっては、まず認定の条件を満たす住宅の建設と、その維持保全のための計画を盛り込んだ「長期優良住宅建築等計画」を作成し、所轄行政庁(建築主事がいる地方自治体の市町村長、または都道府県知事)に申請、認定を受けて建築できることになります。
ポイントとなるのは住宅そのものではなく、住宅の建築と維持保全、資金計画などの具体的な計画をまとめた「長期優良住宅建築等計画」が認定の対象となっていることです。
また、税制支援策として所得税(住宅ローン減税)、所得税特別控除、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の軽減処置も有り。(期限等に注意が必要)

パンドラ
株式会社カネコ総研のニュース紙で主に年賀状がわりに年1回発行されている。
パンドラの箱(ギリシャ神話のゼウスがパンドラに与えた箱。これを開くと中から人間の罪悪のすべてが飛び出して、あとには希望しか残ってなかったという。「余地不可能な困難を蔵したもの」の意に使われる。)
平成10年が創刊、A3版の両面印刷で今年で13号となっている。

ABC企画
昭和60年8月に工務店、不動産業者、設計事務所など20業者で設立された。
Aはアーキテクト、Bはビルダー、Cはコーポレイト、つまりは設計者と建設業者が共同して事を成す組織として作られた。
この頃はパソコンがまだ珍しい頃で、図面や見積り書を書くなどの作業をパソコンで操作していた。
研修会を旺盛にやり、活発な時もあったが現在は少し活動が鈍っている。また会員も12業者となっている。
「提案したい、あなたの住い」は、このABC企画の標語です。
代表:真木工務店 事務局:カネコ総研

アスタリスク
マークは「*」で脚注に用いられる。講習会に行き講師の都の職員が得意気に使っていた。
最初は何のことかと思ったが、脚注のことでそのマーク。アスタリスク(英:asterisk)原語の意味は「小さい星」(ラテン語経由の古ギリシャ語)で日本語でも星号、星印、スター、アスタとも呼ばれている。

インバート桝
「汚水桝」のことを指す。正式には「cess pit in invert(セスピットインインバート)」の略称です。cessは汚物、pitは穴、invert管の底面。
インバート桝は管の詰まりを避け、清掃や点検が容易に行えるように、敷地内の汚水要所に設けます。